九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

ビオ・マルシェさん:事業説明会

ナチュラルナチュラル/夢広場&九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

2月3日は京都駅前の京阪ホテルで開催されたビオ・マルシェさんの事業説明会に参加してきました。ビオさんはJ-net那珂川キッチンのこだわり惣菜を取り扱っていただいている宅配・店舗・卸販売の会社で、会長の関さんは関西の地から有機農産物販売事業を立ち上げてこられたこの道40年の伝説の人物です。今後の大きな展開構想のもとに2年前に京阪電鉄と経営統合され、新しいレベルの事業展開に入られています。事業説明会では会社の理念やこれからのorganic事業展開の方針などが語られ、大きな勉強をさせていただきました。事業説明会には九州産直クラブ統括の吉村さんも同行し、数人の顔見知りのお取引先さんと会場でお会いして挨拶を交わしていました。

f:id:sancyoku:20170203151719j:plain

f:id:sancyoku:20170203153944j:plain

 

f:id:sancyoku:20170203154551j:plain

那珂川キッチン:渡辺さんとの食事会

f:id:sancyoku:20170126200545j:plain

natural夢広場&九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

グループの惣菜工場の那珂川キッチンの開発企画営業責任者の渡辺陽子さんが2月から大阪の関西四つ葉連絡会の惣菜工場である「大北食品」に移動されました。引越し準備も完了した移動の前日に「うちの会議室」であるnatural長丘本店傍の「もつ鍋ひろ」での食事会をしました。渡辺さんはもともとは大阪出身で大阪芸術大学卒業のアーティストです。ギターリストとしてバンドもやっていたという元気な3人の男子のお母さんでもあります。福岡の那珂川キッチンに来られて4年になりますが、その前は名古屋で「クッチーナマンマ」という惣菜工場を経営されていて、その頃からの縁で福岡にきていただきました。食べ物と料理に関してのエキスパートで渡辺さんが開発する惣菜アイテムは「愛」がいたるところにちりばめられており、とっても暖かい料理に仕上がっています。長男の晶彦さんも一時は九州産直クラブやディサービス:みどりのステーションで一緒に仕事をされていました(現在は友好団体である大阪の福祉事業体アットホーム勤務)。お子さんたちは皆さん自立され、名古屋で生活をされてこられた渡辺さんのご両親が「大阪に戻りたい」ということで、長男さんも含めて同じ地域で暮らすこととなり、関西の友好組織の事業体に移動されることとなりました。渡辺さんはキッチンでのいそがしい仕事の合間に、インドネシアから来てくれているビマ(前列中)、バガス(前列左)の「日本のお母さん」代わりもしてくれており、2人からとても慕われています。食事会はJnet&DGコンサルタントの石井洋平さん(後列中)と店舗統括の友池さん(後列左)も参加してくれました。

2017年1月1日 ナチュラル ナチュラルイオン笹丘店 初売り

ナチュラル&夢広場/九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

今年のドリームグループの仕事はnatural naturalイオン笹丘店からスタートしました。朝9時、店舗統括者の友池さんが店頭に立ち、新年一番のお客様をお迎えしました。僕は前日大晦日に長丘、マリナ、春日の各路面店から桧原センターに集めた生鮮品を8時半からイオン店に運び込みました。路面店は4日から営業開始、パルコ店は2日からスタートです。

産直クラブは暦の関係で配送は9日からと今年は長い正月休みがとれました。

<笹丘店の初売りは友池さんが担当。初売り特売は平田さんの一番搾りなたね油、福袋もたくさん準備しました。>

f:id:sancyoku:20170101092009j:plain

 

ナチュラルナチュラルと九州産直クラブの大晦日

2016年末のドリームグループは店舗、宅配、キッチンともに12月31日までしっかり営業しました。

ナチュラルナチュラル笹丘モール店は9月にオープンした小さな店舗ですが、坪売上は一番優秀で周りの産直クラブ会員さん達から「助かるわー」と喜ばれています。

<イオン店の年末セールの様子:売上を更新しました。>

f:id:sancyoku:20161228134527j:plain

九州産直クラブも今年は12月31日まで特別配送を組みました。勝っあんの刺身鉢盛やキッチン荒田さんのオードブルなど大晦日に豪華な食材を配達しました。今年ははじめてのチャレンジで会員さんもとまどったみたいで、受注はいまいちだったということです。新しい挑戦は生きていくためのエネルギーを生み出してくれます。組織は常に挑戦して、全力で考えて走って、その結果を受け止めていくことで成長していけると思います。産直クラブはどんどん、新しい企画に「野性的に」挑戦的にして、日本で一番フレッシュな組織に育ってほしいと思います。

<12月31日午後5時の産直クラブ桧原センター:きれいに清掃されたセンターに整然とならんだトラックが新しい年を待ってます。>

f:id:sancyoku:20161231154816j:plain

 

東京産直クラブ

ナチュラル&夢広場・九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

2016年のドリームグループは展望と苦闘が織り交ざった年でした。産直クラブは健闘、店舗は苦闘、でもコツコツやっていくことが展望をひらくことにつながるという確信を勉強しました。

で、年末は産直クラブ統括の吉村さん(右端)と東京産直クラブに忘年会をしに行きました。福岡から3か月予定(途中で6か月に延長)で出向した平田さん(左2人目)を加えた東京産直クラブは例年に増して拡大が進み、前年160%を達成しました。小金丸センター長(真中)がハスキーボイスでみんなを引っ張り、実家が熊本畜産農家でお母さん想いの今村さんと神戸→九州→東京と移動して頑張る赤松さんが必死に走っています。

f:id:sancyoku:20161220092455j:plain

<東京の事務所には吉村さんがFAXした「正範語録」が貼ってありました。>

f:id:sancyoku:20161220092329j:plain

<忘年会は東京センター近くの小金丸さんのいきつけの飲み屋でした。今村さんの顔がビールで隠れてます。>

f:id:sancyoku:20161220213821j:plain

<今村さんの担当ニュース:「いまぷぅ.com」。もう少し食べ物のことなどを書いてのほしいなぁ、>

f:id:sancyoku:20161220093348j:plain

 

 

広告を非表示にする