読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

インドネシアからの日本への研修生の学校

f:id:sancyoku:20140227100319j:plain

社長の吉田登志夫です。

2月25日に今回視察の受け入れ組織の「社団法人日本・インドネシア経済協力事業協会(JIAEC)」が運営する「日本への研修生の学校」を訪問しました。いやー、びっくりしました。日本へ3年間の研修労働へ赴く18歳から23歳までの若い男女150人が日本語を中心に研修していましたが、みなさん、たった2ヶ月で日本語を自己紹介と簡単な会話ができるまでになっているんです。先生も生徒もインドネシアの方です。合計4か月の研修をジャカルタで受けて、日本の生産現場で研修労働につくそうです。日本の生産現場は人手不足、このまま少子高齢社会が進むと、日本の生産はどんどん落ち込みます。「強い日本、一番の日本」などと過去の高度経済成長の再来を夢想するより、若い人が溢れるほど居るインドネシアの人々との友好関係を強くして、インドネシアの方々に、お互いの必要性を理解して、日本の生産と生活基盤を支えてくださるようにお願いする方向に、日本の政治は舵を切り替えるべき時と思います。それにしても、インドネシアの研修生は元気でした。うちのドリームグループも農業や加工工場の生産現場を抱えています。ぜひ、インドネシアの若い方がたにおいでいただきたいと本気で思いました。