読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

ジャワ・無投薬うなぎ

f:id:sancyoku:20140226094513j:plain

 

f:id:sancyoku:20140226101406j:plain

社長の吉田登志夫です。

2月24日ジャカルタから車で5時間走った漁村Kebayoran Lamaに着きました。インドネシアの田舎ですがここも若者が町に溢れていて、とても活気があります。この漁村でうなぎの養殖技術を研究し、普及させているのが、なんとインドネシア在住40年の日本人技術者の石谷さん(写真の赤い帽子)。インドネシアの若者とともに抗生物質や成長ホルモン剤を使わず、地域の自然のリサイクルを柱をしたうなぎの養殖技術の研究と確立へ向けて日夜奮闘されています。もともとうなぎの稚魚のシラスはインドネシア海域から日本へ向かって海流に乗って北上しているという説があり、シラスが取れなくなっている日本に比して、インドネシアは豊富にとれるそうです。石谷さんの健康なウナギは①薬を使わない。そのためにきれいな水と質の良い餌をあげる②餌は地域から魚残渣などを調達し、自家配合する。③シラスを乱獲から守るーの3点を基本方針に養殖を進めておられます。「ここで育てた健康なうなぎを日本の消費者のみなさんに食べてほしい」と熱く語っておられました。で、肝心の味ですが・・・「とってもおいしかった」です。うなぎが好きな私も、ついお替りして食べてしまいました。