読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

ロンドンオーガニック:natural clinc:鍼灸・指圧・整体・アロマセラピー

ロンドンnatural clinic受付

右から:サーカスのマネージャーから鍼灸師になった木村さん、英国でゴットハンドと賞賛されている濱野さん、受付パートさんとビューティセラピストMさん

f:id:sancyoku:20140402115208j:plain

ロンドン中心部ピカデリーにあるnatural clinicです。このクリニックは20年ほど前にJ-netフェアトレードセンター(現在はパレスチナからオリーブオイルや石けんを輸入販売している)が立ち上げたクリニックで、日本の鍼灸・指圧・整体と英国式のアロマセラピー、リフレクソロジー、ビューティなどの多彩な施術をしており、近年はとくに鍼灸指圧を柱とした東洋の自然治癒医療を西洋に紹介する役割も担っています。

もともとは、パレスチナ問題から戦火が絶えない中東地域(特にレバノン・シリア)の人々への医療支援をしていたJ-netが、レバノン&パレスチナ人の医学生を福岡にホームスティさせ、薬の要らない医療として延安治療所で鍼灸医術を学んでもらい、アラブ地域に戻していたという活動(福岡パレスチナの会との共同)からこのnatural clinicは始まっています。

 現在は約10人の日本の鍼灸指圧の国家資格や整体免状をもった治療師が働いており、月500-1000人の日本人やローカルの患者さんに利用されています。中には東洋医学と西洋医学のいいところを取り入れた「統合医療」を指標して治療と研修にとりくんでいる治療者もおり、ヨーロッパの中でも注目されているクリニックで、英国バレエ団のプリマドンナやヨーロッパで活躍するサッカー選手、オリンピックの金メダリスト、ウインブルドンテニス出場選手など世界一流のアスリートから駐在員家族、学生、旅行者、芸能人など幅広い利用者層に重宝がられています。治療者陣にはロンドンで家族を持って、子どもたちの教育も英国で行う人もおり、継続的な安定経営が必要とされています。また、このロンドンnatural clinicの延長線上には開設当初からの「独立国家パレスチナで鍼灸治療院を開設し、アラブの人々の医療の一端を担いたい」という目標があり、パレスチナの人々との「非宗教的民主国家パレスチナ建設」という夢を共有していきたいと社長:吉田は(密かに)思っております。