読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

ナポリのスローフード・オーガニックパスタ取引開始

ビオイタリアの輸出責任者マリアさんと、f:id:sancyoku:20140623112419j:plain

ナポリ地域のデューラム小麦原料のパスタ。ヨーロッパ&日本の有機認証を取得している。

f:id:sancyoku:20140623111958j:plainオーガニック九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

J-netフェアトレードではイタリアスローフード運動と連携したイタリアWBTのパスタとパスタソースをこの15年間輸入してきましたが、WBTの事業縮小のために新しい生産者グループを紹介されました。偶然にもロンドン滞在中に相手から「来て頂戴」のメールが入ったので、6月23日、‟いいチャンス″とロンドンからほぼ24時間トンボ返りスケジュールでナポリまで行ってきました。紹介された新しい生産者グループは「ビオイタリア」さんで、ナポリ近郊の小麦、トマト、雑穀などを有機認証を取得して生産し、加工しています。J-netのパスタ関連商品の売りは「これが本物のナポリタン」です。ナポリ周辺で収穫されるデューラム小麦のパスタと昔ながらのプーリエ地域産ローマ種トマトで料理されたのが「ナポリタン料理」です。J-netは「昔ながらのスローフード:ナポリタン」にこだわり、ナポリ地域のパスタとパスタソースの輸入を継続してきました。今回紹介された「ビオイタリア」はナポリから車で1時間のヴェスヴィオ火山の麓にありました。ナポリは昼の熱い太陽と夜の寒気の温度差で、しっかりとした味の濃い農産物が獲れます。今回は短時間の訪問でしたが、貿易部門責任者マリアさんが丁寧に農産物や加工品の説明をしてくれました。ビオイタリアは、地元産原料に特化したパスタ加工品づくりにこだわっており、これからお付き合いをお願いするのに最適な生産グループと思えます。早速、7月から輸入をスタートすることで合意し、取引が始まります。