読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

池天平さん

 

f:id:sancyoku:20150411205732j:plain

オーガニック九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

統一地方選挙が各地で行われています。僕は8年前は環境保護を主に課題とする地域政党「みどり福岡」の選挙統括的な立場を主張して、福岡市全選挙区6区で候補者を立てて仲間と闘いました。結果は現職荒木龍昇さんまで落選するという全敗でした。4年前は荒木さんの事務所に張り付き、朝の朝礼から全活動スケジュール計画執行管理までつきあいました(福島原発事故もあり、上位当選)。今回は、選挙にはコミットしていませんでしたが、福岡のみどりの党の選挙に責任を持たれている社会運動の先輩である大津さん(元フクニチ新聞労組)から「運転手がいない」というメールが入り、物理力としての運転手ならできる時間は参加しようということで、福岡市中央区から立候補されている池天平さんの運転手を先週日曜と今週水曜にさせていただきました。池天平さんは「みどりの党推薦の33歳」で、最近までGコープの職員をされていたそうです。実は僕は池天平さんが3歳くらいの頃に会ったことがあるようです。池天平さんの親御さん一家は大分を拠点に、社会の課題を掘り起し解決に向けて人々に語り掛ける「吉四六劇団」を展開されており、僕がGコープで仕事をしている時代に「8月平和集会」で2度、来ていただいたことがあります。その時は意識できていなかったけど、多分、池天平さんはその集会で子役で演じていただいていたこととと思います。運転は日曜日は朝7時半位に池天平さんのお住まいまで迎えに行って16時まで、水曜日は12時から16時まででした。初めてお目にかかった池天平さんはとてもさわやかなイケメンさんで、芯がしっかりされており、とてもいい候補者だと思いました。演説もしっかりしており、躊躇せずに握手を求め、選挙を支えている仲間たちへの配慮も行き届いておられます。でも、選挙は候補者その人の資質や理想・政策で勝敗は決まりません。そこが不毛なところですね。

僕はこのところ「人間は宗教・理想・政治などより、経済で動く。『あのイスラム国』でさえ、原因は経済問題」という概念が強く、「選挙と言う短期決戦でつじつまを合わせなければいけない政治より、経済のほうが長期展望を描きながら地道&現実的にやっていける」などと感じています。人の持ち時間は少ないので、僕は経済に体力を使おうと思っています。でも、このような志を持った人(たち)には政治活動にも展望を開いてほしいものです。