読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

熊本地震関連報告Ⅲ 宇城の生産者訪問 シリカファーム牛乳工場復旧 菊池農場あか牛移動 

ナチュラル/夢広場&九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

その後の熊本地震関連の産直クラブの生産者の様子などを報告します。4月22日、産直クラブ統括責任者の吉村さんが支援物資をもって宇城地域の生産者さんを回りました。地震被害が大きかった益城町の生産者グループのグリーンファーム熊本以外の生産者さんはおおよそ出荷が始まっています。「畑においていても腐るだけ、市場がうごかない非常時でも出荷できる産直クラブがあって助かっている」という言葉もいただきました。

【熊本市街地の様子】

f:id:sancyoku:20160423135742j:plain

野菜・果物をいただいているレインボーグループさんのところでは家屋の被害も大きかったのですが、地盤がゆるい埋め立て地域に畑がある為に畑の地滑りが起きており、川に畑がずり落ちていっている箇所があり、そちらの復旧が大変だということでした。醤油・味噌をいただいている松合食品さんは、製造所は大きな被害はなかったがスタッフさんが被災しておられ、そちらの手当てが大変ということです。レンコンをいただいている大和自然農研の作本さんのところは家屋が古く土壁が落ち、壊滅状態ということでしたが、レンコンの旬に入り収穫が遅れており、家の手当てよりもレンコンの収穫を優先させてくださっているとのことでした。お茶をいただいているミタカさんのところは大きな被害はなく、製造・出荷は予定通りに出来ているとのことでした。日本の食を支えている九州の中心部の生産地の大地震ですが、生産者さんはなんとか出荷をしようと頑張っておられます。ありがとうございますー改めて、感謝です。

【宇城市街地の様子】

f:id:sancyoku:20160423141533j:plain

ドリームグループの自社農場で繁殖牛舎が全壊した菊池農場のあか牛の母・子は上の牛舎に移動できています。ぎゅうぎゅう詰めですが、まあ、なんとかしていくとのこと。給水タンクが被災してPBの牛乳・乳製品製造がストップしていたシリカファームも復旧工事が進み、木曜より牛乳の配達が再開しました。

【全壊した繁殖牛舎から上の肥育牛舎に移動した菊池農場のあか牛】

f:id:sancyoku:20160422183500j:plain