読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

九州産直クラブ 土田洋平さんの結婚披露宴

f:id:sancyoku:20161126140440j:plain

natural&夢広場/九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

11月26日に福岡市天神で産直クラブ社員の土田洋平さんと学生時代からおつきあいをされていた尼崎菜七実さんの結婚披露宴がひらかれ、約20名の産直クラブ社員のみんなと参加し、おいしいお酒を飲みました。土田さんは大分出身で福岡の大学を卒業された後、大分で農場で働かれていました。面接のときに「どうして農場で仕事を始めたんですか?」と聞くと、「地元のためになる仕事をしたかった」と100点満点の答えが返ってきました。その後、農産物の流通の仕事をしようと、九州産直クラブに来てくれました。土田さんは現在、産直クラブ配送のリーダーです。産直クラブ統括の吉村副社長からとても信頼されていて、natural natural店舗の新出店の際に僕が「新店長として頼めないか?」と言うと、「いや、今、産直クラブから土田を取られたら困る」と断られました。お相手の尼崎菜七実さんは長崎出身のピアノの先生で、学生時代から8年越しの交際だったそうです。土田さんの入社当時から中距離?恋愛をしていたことは知っていましたが、今年初めに「中央区でどこかグランドピアノがおけるアパートを知りませんか?」と尋ねられたので、いよいよ結婚だなと思いました。披露宴の挨拶で「うちの会社は東京にもロンドンにも店舗があるので、若い土田さんはぜひ、いろんな部署で仕事をしていってもらいたい」と話したら、菜七実さんが勤める音楽会社の上司の方から「よその地域に行ってもらっては困ります」と言われてしまいました。

土田さんには最初に会った時からとても親近感を覚え、もうずいぶん前からの知人のような気がしていました。この結婚式の朝、わかりました、「大分出身で若くして由布岳でなくなった大切な大学時代の仲間Kくん」にそっくりなのです。話すときにこぶしを口元にあてる仕草や二カッと斜めに見上げて笑う笑顔や言葉のイントネーションなどそっくりです。そんな事ってあるんですね。

披露宴ではいろんなカクテルがメニューに揃っていたので上から順番に飲んでいきました。おいしい食事といろんなお酒と楽しい仲間との宴会で久しぶりにすっかり酔っぱらってしましました。

家族の思い出を一冊に。【Digipri(デジプリ)】のフォトブック・ファミリー