九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

12月J-net那珂川キッチンの新しい体制

f:id:sancyoku:20161201090729j:plain

<写真右から林さん(魚捌きが得意)、荒田さん(製造責任者)、上園さん(一番ベテラン社員)、石本さん(2番ベテラン社員)、左からビマ(すでにベテラン)、バガス(調理技術はオールマイティ)、一人おいて隠れている男性は急遽キッチンに応援に入っている蒲池さん(J-net事務局長)、その右は社歴2番目の宮澤さん(事務所責任者)>

natural夢広場&九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

12月は食品業界は年で一番の繁忙期ですが、産直クラブ&ナチュラルナチュラル店舗の惣菜製造を一手に引き受けているJ-net那珂川キッチンも猫の手も借りたいほどの忙しさです。その忙しい12月の那珂川キッチンが新しい体制での運営スタートとなっています。那珂川キッチンは伝説の中華シェフ:森ジローさんが2年前に亡くなって以降、中華料理修業時代のお弟子さんの平山シェフが2代目後継として頑張ってくれていましたが、この11月末で都合で退職されました。さあ、平山シェフがいなくなってどうしよう?と考えましたが、この機会にシェフ中心のキッチン運営から女性の調理スタッフ中心の調理場運営に切り替えようと心機一転の新体制をスタートさせています。製造責任者はイタリアンシェフの荒田さんが担いますが、荒田さんは主に製造計画や材料手配などのバックの仕事を切り盛りし、製造現場は調理ベテランの女性スタッフリーダー達とインドネシアからの研修生のビマとバガスが中心に切り回そうという体制です。おせちの製造も入ってくる年末のキッチンですが、新しい体制でこれまでと同様のおいしい惣菜をつくっていこうと張り切っています。


厳選専門学校・スクール特集
調理・製菓・フード業界編