九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

新年ドリームグループ拡大役員会議

natural/夢広場&九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

1月7日桧原センターに東京からもグループ主要事業の幹部を集め、新年一番のGミーティングを開催しました。昨年は、九州産直クラブは順調に業績を伸ばしました。店舗ナチュラル/夢広場は春日店がオープン3年目で採算ラインに到達、マリナ店は旗艦店として売上増、長丘店は前年維持、イオン笹丘店はオープン3か月経過ですが予想通りの健闘です。店舗の大きな課題は成城学園前店の粗利益確保で、送料含め東京の諸コストの高さに対応する価格設定ができずに苦しんでいます。那珂川キッチンは新体制で業務スタイルを模索中、Jフェアトレードは業務を大幅改新する予定です。今年も、G幹部スタッフがもう一つ覚悟をして、さらに前へ進みたいと思います。

f:id:sancyoku:20170107192711j:plain

<左から吉村産直クラブ統括、小金丸東京産直クラブ統括、宮本産直熊本方面責任者、富田産直物流責任者、塚本Jnet営業責任者、井上産直総務&企画統括、ビマ那珂川キッチンスタッフ、池田DG役員、柳田店舗スーパーバイザー、渡辺那珂川キッチン企画営業責任者、バガス那珂川キッチン、吉田G代表、藤井産直農産企画責任者、古藤産直会員拡大組織活動責任者、平田産直拡大イベント責任者、白水店舗企画責任者、石井店舗スパーバイザー、友池店舗統括代行、蒲池Jnet総務経理責任者>

会議終了後に店舗のおせちや肉、野菜で新年食事会を開催、インドネシア研修生のビマ、バガズも参加しました。今年一番のうれしい話題は、現在東京応援で長期出張中の平田さんがこの日に結婚の申し込みに彼女宅にお伺いし「承諾をいただいた」との報告でした。また、長年名古屋から来て那珂川キッチンをデザインしてくれていた渡辺さんは2月から関西よつ葉連絡会の惣菜製造会社である大北食品に移籍される予定で、その送別も兼ねた食事会となりました。