読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

菊池農場 田植えを前にしての草刈り

DGドリームグループ(natural/夢広場&九州産直クラブ)社長の吉田登志夫です。

5月連休は菊池で菊池農場の田んぼのあぜの草刈りをしました。ゴールデンウイーク中は産直クラブ配送もnatural/夢広場店舗も通常営業ですが、お取引先などは休みが多いために出張商談やお客様来訪がなくて社長業は休業状態で、人手が不足している農場の雑草刈りに行きました。ちょうどLondonから戻っているスタッフと北九州の友人も誘って3人で2日がかりで3枚の田んぼの畦の草を刈りました。僕はバテバテでしたが、草刈り後の温泉とビールが最高でした。

f:id:sancyoku:20170505062926j:plain

ロンドンのスタッフははじめて刈り払い機を扱いました。

f:id:sancyoku:20170505071328j:plain

今は田んぼにはあか牛の餌の草(イタリアン)が生えています。イタリアンは米を作る以外の期間につくっています。手前のような平らな畦は刈りやすいのですが、奥の土手を刈るにはひと苦労します。

f:id:sancyoku:20170505071546j:plain

朝6時でしたがバルーンが浮遊散策していました。オックスフォードを思い出します。

f:id:sancyoku:20170505071310j:plain

土手で大きな蛇(青大将かな?)の抜け殻を発見しました。

f:id:sancyoku:20170507095437j:plain

菊池の「生活用品スーパー・ナフコ」の正面入口にはデーンと除草剤&農薬が大きな面売場面積を取って販売されていました。中には「非耕作地用除草剤」という商品もあり、どんなに強い毒性なんだろうと考えてしまいました。「農薬の危険性」が指摘されて50年近くもなるのに一般スーパーにこんなに大胆に農薬が売られていることに驚きました。natural/夢広場&九州産直クラブはもっと、もっと頑張らねば。日本における無・減農薬栽培&有機農業の生産者は「雑草」との闘いの毎日です。安全・安心の食べ物生産の為にかかる「高いコスト」を支える「産直流通の仕組みと消費(者)」を確実につくっていきたいです。