九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

「巨星逝く」 興農ファーム前代表:本田廣一さん葬儀

ドリームグループ(産直クラブ&夢広場/ナチュラナチュラル)社長の吉田登志夫です。

5月31日北海道・標津の興農ファーム前代表:本田廣一さんが亡くなりました、70歳。5月はじめに東京出張中に倒れられ、釧路で入院、全身のリンパ節が腫れ、ご家族友人の看病の中で逝かれたそうです。死亡診断は「発症不明の癌」ということで、6月2日お通夜3日葬儀が中標津町で行われました。

f:id:sancyoku:20180602190339j:plain

お通夜にはご家族親戚とともに長年有機農業の発展の夢をともにした旭川当麻の瀬川さんや北竜町農協前組合長の黄倉さん、元農水省官僚の栗原さん、名古屋オーガニックファーマーズの吉野さんが駆けつけられ、日付を超えて本田さんを褒めたり貶したりで酒盛りをしました。

f:id:sancyoku:20180602165423j:plain

葬儀には沢山のお花が添えられ、若き日の本田さんの闘いの出発点となった日大闘争の仲間からの献花もありました。

f:id:sancyoku:20180602190356j:plain

本田さんは当時在籍していた日本大学獣医学部)で展開された全共闘運動(日大闘争)で逮捕投獄され、その後北海道で農場を建設する方針をたて、その資金づくりのために1971年に東京でビル清掃会社をつくり、貯めた資金で1976年に知床に近い標津で興農塾を社会変革の根拠地として立ち上げ、農業を開始されました。

 私が本田さんを知ったのはグリーンコープ時代に「なんとも固い牛肉」と評されたYBB(ヤングブルビーフ)を食べたときでした。本田さんは輸入濃厚飼料を食べさせてブクブクと太らせる畜産に抗し、地域の粗飼料で丈夫な胃袋をつくった健康な牛を育てる技術を練り上げ、画期的なYBBビーフを心ある消費者組織に供給して来られました。私は本田さんに農業のことを沢山教えてもらいました。とくに牛を飼う基本的な考え方や自家飼料の作り方などの話をよく聞き、熊本の菊池に農場を拓くときには随分とお世話になりましたが、未だ足元にも及びません。本田さんの畜産と畑作の「有機複合農業理論」は農本思想にもとづく壮大な理論です。 しかし、今の日本でそのような有機複合農業をやっていくのは本当に大変です。コツコツ継続する意思の強さと信頼できる仲間が希望でしょうか。

f:id:sancyoku:20180603061217j:plain

葬儀の日の朝早く、知床岬まで車を走らせました。私は標津の興農ファームには20数回足を運びましたが、農場以外にはどこにも行きませんでした。初めて見る知床の岬は「限りなく透明に近いブルー」でした。

 

菊池農場:熊本地震被災からの牛舎再建

九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

1昨年4月の熊本地震で菊池農場は牛舎2棟全壊の被害を受けました。

その被災した牛舎を「あか牛繁殖牛舎」として再建しようと青写真が出来上がり、いよいよ資金集めに入りました。5月初めには九州産直クラブとオーガニックハウス夢広場の会員さんや生産者さんへ農場再建基金募集のご案内を出しました。

f:id:sancyoku:20180521140628j:image

5月8日には新牛舎設計者の三原さん、プロデュース担当のジェイネットNEXTの藤木さん、建築担当の立木工務店会長の立木さん、菊池農場社長の久川さん、旧くまもと産直クラブ社長の伊東さんが集まり、今お借りしている今村牛舎と新建設予定地の2箇所で打ち合わせをしました。

f:id:sancyoku:20180521133822j:image

今村牛舎では基本的な牛舎の構造を打ち合わせし、新牛舎予定地では建築場所の確定を行いました

f:id:sancyoku:20180521133825j:image

お昼は泗水町蕎麦屋さんで蕎麦が茹であがるまでの間に設計図を広げて、細かな打ち合わせです。

f:id:sancyoku:20180521133829j:image

その日の打合せに顔を出してくれた伊東さんは現在産直クラブの現役を引退し、時々菊池農場若杉さんの野菜の出荷の手伝いをしてくれています。伊東さんはヘルプバングラデシュコミュニティ→シャプラニール→グリーンコープ→九州産直クラブ立ち上げ→くまもと産直クラブ立ち上げといった経歴で、産直クラブのソールパーソンです。この日は久し振りに会うあか牛との会話を楽しんでおられました。

f:id:sancyoku:20180521133815j:image

ロンドン便り

ちょっと、仕事合間の箸休めです。

ロンドンの鍼灸院「naturalクリニック」のスタッフからラインが来ました。

 

『明日のハリー王子とメーガンの結婚式💒に向けてどこもお祝いムードです、㊗️旗が凄い!』

f:id:sancyoku:20180519043927j:plain

博多魚市場視察

ドリームグループ(産直クラブ&夢広場/ナチュラナチュラル)社長の吉田登志夫です。

ドリームグループの魚大将:勝原さんと東京の石井さんとで朝5時から博多長浜魚市場を視察に行きました。九州産直クラブは「鮮魚特急便」と銘打って、朝3時に競り前の魚をマリナ店魚大将:大田さんが仕入れ、すぐに春日店魚大将:小島さんと一緒にマリナ店で捌いて、勝原さんが6時過ぎに産直クラブ桧原センターに持ち込んで仕分けし、8時の宅配トラック便に乗せて、会員さん宅にお届けしています。この日は東京で始まる「鮮魚特急便」に向けて、段取りを打ち合わせに行きました。

博多湾に臨む長浜魚市場>

f:id:sancyoku:20180518060201j:plain

f:id:sancyoku:20180518055824j:plain

<朝5時は店舗や料亭の仕入れ人で活気があります。>

f:id:sancyoku:20180518055247j:plain

<博多魚市場は玄海灘を中心にいろんな魚種が揃います。今はいさきがおいしそう。>

f:id:sancyoku:20180518054051j:plain

<あさりやサザエも大きくなってきています。>

f:id:sancyoku:20180518054024j:plain

f:id:sancyoku:20180518054009j:plain

<25年前にグリーンコープふくおか南部生協専務から夢広場長丘店魚大将に転進変身した勝原さん、魚市場では「顔」です。>

f:id:sancyoku:20180518054904j:plain

f:id:sancyoku:20180518054900j:plain

<長崎で育ったマグロです。>

f:id:sancyoku:20180518054242j:plain

<一本釣りのタイもズラリと>

f:id:sancyoku:20180518054919j:plain

<これは今年2月東京店舗に応援に出かけた勝原さん、売場に立つ姿がカッコイイ!>

f:id:sancyoku:20180224113306j:plain

<おまけ:視察が終わり市場の食堂でこれからウニ丼を戴く石井さんの満面の笑み>

f:id:sancyoku:20180518104152j:plain

 

ドリームグループ関東(藤ヶ丘)物流センター4月稼働

ドリームグループ(産直クラブ&夢広場/ナチュラナチュラル)社長の吉田登志夫です。

3月末に九州産直クラブのセンターが八王子から藤ヶ丘に移転し、4月1日からドリームグループ関東(藤ヶ丘)物流センターが稼働しました。

<藤ヶ丘センターの物流立上げをになう吉村九州産直クラブ代表:後は新品の要冷倉庫>

f:id:sancyoku:20180417084957j:plain昨年4月から打ち続くヤマト等宅配便値上げは九州産地からの野菜等の運送代金を直撃し、関東地域のドリームグループ(宅配と店舗)の粗利益に大きく食い込んでいます。そこでグループの関東地方の入荷を藤ヶ丘センターにまとめて、送料を抑え込んでいこうと九州産直クラブ東京センターが藤ヶ丘に移転し、ドリームグループ物流センターを稼働させました。

<物流センターの朝礼:産直クラブ宅配のお届け商品の仕分けをしていただくパートさん達と今日の仕事の確認をします。>

f:id:sancyoku:20180417085639j:plain

おまけですが、九州産直クラブ東京センター代表の小金丸さんが結婚されます。お相手は同じ福岡出身の看護師さんで、東京産直クラブの藤ヶ丘センター移転を契機に仕事場を近くに移動されて来られました。下の写真はグループの社員には初お披露目のレアショットです。

f:id:sancyoku:20180312170755j:plain

<隣夜は駅の青葉台に「鶏の足」を食べに行きました。左から3人目は、ドリームグループの東京展開を物心両面でサポートしていただいているオフィスパイ会長の行者さん。その右隣は東京産直クラブのエンジン:今村正太さん、その右はジェイネット・ベイルート担当の石井さん>

f:id:sancyoku:20180430182157j:plain