読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

手打ちうどん 地粉

土田さんと特訓f:id:sancyoku:20150321105407j:plain打ちたてのうどん

f:id:sancyoku:20150321111600j:plain

オーガニック九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

このところ毎週、産直クラブ社員の土田さんと地粉をつかった手打ちうどんの特訓をやっています。4月4日の食育イベントで「九州男児が打つ、手打ちうどん」のワークショップの担当を2人でやることになったからです。中力粉を捏ねて、伸ばして、約1時間でうどんを打ちます。最初はわけがわからないままつくっていましたが、3回目くらいから「水廻しの水が多すぎたようだ」などのいろんな意味がわかるようになり、5回目くらいからは「もうプロになった」感じです。もともと福岡から佐賀にかけての平野は小麦が豊富に取れる地域で、うどん・ソーメンの製造工場が沢山ありました。「黄金の国ジパング」の黄金色は小麦が実ったときの輝きではなかったかとの説もあります。輸入小麦に制圧されて少なくなった小麦生産ですが、九州の平野に有機小麦の輝きを取り戻したいですね。手打ちうどんイベントが地元の小麦を食べ支えていくきっかけになればいいなと思っています。できあがったうどん、おいしそうでしょう!