読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州産直クラブ 社長のblog

九州産直クラブ社長 吉田登志夫の公式ブログです。九州産直クラブの商品や生産者、九州の野菜、肉、魚などの内容や、イギリスのオーガニック市場、フェアトレードなど、様々な情報をお届けします。

JA菊池、新規就農者支援大会、えこめ牛、エコファーマー、コスモスロード

立派なJA菊池の公舎f:id:sancyoku:20151106150837j:plain

菊池川支流の合志川の川岸に続くコスモスロード

f:id:sancyoku:20151107102610j:plain

ナチュラルナチュラル&九州産直クラブ社長の吉田登志夫です。

11月6日はJA菊池で行われた「新規就農者支援大会」に参加しました。約20名の新規就農希望者と熊本県や菊池市などの農政関係者が多数出席して、新規就農者の生活支援や経営支援の方策の説明などが行われました。新規就農者、とくに有機農業志向の人たちは、作物をつくってもその出荷先の確保が一番の心配のようです。有機農業での作物は、一般市場への出荷だと値段が合わず、かといって自力で販路をつくろうとしてもなかなか困難です。夢広場店舗や産直クラブ宅配では、可能な限りの方策で新規就農者との取引をすすめようとしています。ロット(数量)が揃わない場合がほどんどですが、その場合は数量の加減がきく店舗直接出荷や産直クラブ野菜セットへの出荷が可能です。志をもって農業に向かう新規就農者が増えていくことが今の日本の社会には必要です。ナチュラルナチュラル&九州産直クラブは新規就農者を応援します。

そのJA菊池ですが、TPPの実施も控え、こだわった農畜産物の生産に力をいれています。その中でも、菊池産の飼料米をふんだんに食べさせた「えこめ牛(エコと米の牛)」と農薬や化学肥料の使用を制限した「エコファーマー認証農産物」は魅力です。JA菊池の地域の生産者組織としての取り組みにも連携できたらと思います。

帰り道の合志川のコスモスロードが見事でした。菊池には季節季節に旬の花ロードができます。春の桜ロード、初夏の紫陽花ロード、初秋の彼岸花ロード、そして晩秋のコスモスロードです。今年は桜とコスモスが見れました。